プロフィール

■ 1986 年生まれ・35歳
■ 1日の労働時間は1時間程度、月収300万円
■ 千葉県出身、千葉県在住
■ 元・東証一部上場企業 マネージャー
■ 5児の父
■ 好きなスポーツ:野球、マラソン
■ 趣味:映画鑑賞、海外国内旅行、読書、キャンプ
■ 目標:メルマガ読者様に価値のある情報を提供し、一人でも多くの人に稼いでもらう事。

初めまして!
「鬼束 壮一(おにつか そういち)」と申します。

 

私は今、竹内亮介さんが主催しているIBC
「国際バイヤーズクラブ(International Buyers Club)」
に参加させて頂いております。

 

Amazon欧米輸入、単純転売などで
一日1時間程度の労働で月に300万円以上稼げるようになり、
自由に暮らしています。

 

IBCでは初年度、2年目と2年連続で
年間MVPを頂くことができました。

 

また2年目以降はパートナー会員として
IBCでセミナーを開催したり
(2021年は2回セミナーをさせて頂きました)
コンサルティングや懇親会の運営のお手伝いをさせて頂いております。

 

会社員時代に副業として起業し
現在は独立して法人化も致しました。

 

今後も事業を拡大し、
より自由なお金と時間を手に入れて
楽しく暮らして行きたいと思っています。

 

自分のビジネスを持ちたいけど何からしたら良いか分からない
会社員として副業を始めたがとにかく時間が無い。

 

”少しでもそんな思いの方の助けになることができれば”

 

そのような思いで、日々情報を発信させて頂いております。

自己紹介

■1986年生まれ、千葉県出身

私は現在5児の父で、
元々は東証一部上場企業で管理職を務めていました。

 
実は大学も出ていませんが、
家族が多いこともあり負けず嫌いな性格で、
上場企業では5次まであった面接をなんとか突破し就職した経験があります。

 

家族の明るい未来のため、
そして自分自身も型にはめられるのが本当に苦手な性格だったため、
なんとしても稼ぎたいという思いが昔からありました。

 

ここまで見ると順風満帆な人生のように見えますが、
実は決してそんなことはありませんでした。
家族がいるのに、勤めていた会社をクビになったこともあります。

 

■勤めていた会社をクビになる

 

当時私はまだ20代でした。
4人の子供(当時はまだ4人でした)と
住宅ローンを抱えた状態で会社をクビ
になりどうして良いか分からず

 

一瞬本気で

 

「このまま死ねば全てから解放される・・」

 

などという思いがよぎったほど、
当時は苦しみました。

 

会社をクビになった理由ですが、
当時私は店長として働いており
業績を伸ばすために店舗で実施した施策がとても上手く行っていました。

  

おかげで店舗は全国でも1位になり順調でしたが、
それを妬んだ他の管理職の方の操作により、
私は濡れ衣を着せられて最終的にはクビにまで追い込まれてしまったのです。

 

良かれという思いだけで行っていた施策・仕事だったため、
本当にショックでした。

 

当時の上司からクビを告げられ、
もうその方では
どうしようもないところまで
話がヒートアップしていたため
クビを止められず、
二人で悔し泣きしたことを今でも覚えています。

 

■詐欺にあう

 

しかも会社をクビになり、
生活資金集めのために
当時乗っていた車を売却しようとしたところ
車買取の詐欺にあってしまったのです。

 

車は持っていかれる、
お金は受け取れない、
という
泣き面に蜂とはまさにこのことだという状況に陥りました。

 

仕事は無い、車も無い、お金も無い。
あるのは月々の支払いだけ。
相当メンタルが落ち込みました。

 

その後の就職活動中にはあまりの将来への不安に、
道端で涙が止まらなくなって面接に行けなくなる
こともあったほどです。

 

その当時母から手紙をもらい、
そこには温かいメッセージと共に、
大きく
ファイト!」という応援の言葉が書かれていて、
とても救われました。

 

その言葉に励まされ、
家族の顔を思い浮かべながら
何度も写真館に行っては面接用の写真を取り、
履歴書を作っては面接に行く日々が続きました。

 

写真館のおじさんも心配そうに見てくれて、
何度も私が印刷しに行くため、
写真代を割り引いたりしてくれたことを覚えています。

 

■無事に就職

 

その結果、
自分ならできる、自分ならできる
と言い聞かせながら、
なんとか5次面接まで突破し、
東証一部上場企業就職をすることができたのです。

 

多くの人の助けを借りながら
本当にギリギリで就職できたと思います。

 

どんな業種の会社に入ったかというと、
転職で本当に苦しみましたので、
そんな方の助けになりたいという想いで
人材紹介をしている会社にお世話になりました。

 

その会社では結果的に7年間働かせて頂きました。
ビジネスのことや人として大切なことをたくさん教えて頂き、
とても良い会社でした。

 

一部上場企業に就職したあとは、
年収が最高で700万円くらいにまで行きました。

 

しかしここで色々なことが安定するのかと思いきや、
また事件が起こるのです。

 

■お金が常に無い

 

我が家では家族の人数が多いこともあり、
生活費や教育費が少し過剰に掛かり、
また妻も働くことができなかったため常にお金がありませんでした。

 

貯金はゼロ

 

住宅ローンマイカーローンの支払いに追われ家計は赤字
後から知りましたが、
妻が毎月クレジットを組んで
なんとか家計のお金を回している
そんな状況でした。

 

もちろん娯楽もゼロ。
子供と遊びに行きたくても
お小遣いゼロの私は手持ちが1,000円も無く
子供を遊びに連れて行ってあげることもできませんでした。
休日は狭いマンションで子供と寄り添い、ひっそりと過ごしていました。

 

しまいには通勤用の交通費や昼食代も
家庭に入れるようになり
私は7駅離れている通勤距離のある会社まで走って行ったり
会社に内緒で自転車で通勤するようになりました。
もちろん雨の日も、です。

 

■住宅ローン事件

 

事件はそんな中で起こります。
なんと住宅ローンの引き落とし
銀行口座の残高不足により行えなかったのです。

 

もちろんここまでの経緯をご覧頂いている皆様であれば、
「いつかはそうなること」もお分かりだったかと思います。

 

しかしお恥ずかしい話、
当時の私は生活に精一杯でそのことに気付いていませんでした。

 

むしろ、
「なぜこんなにもギリギリで生活をしているのに、
住宅ローンの支払いまで遅れてしまうのか。
贅沢もしていない、子供を遊びに連れていけないくらい
節約している。
会社でも誰よりも働いて結果も出している。なのになぜ・・」

 

そんな思いでした。
一生懸命生きているのに報われない
そんな悔しい思いがありました。

 

■収入源を増やすことを決意

 

そこで私は気付きました。
家族を守り、幸せにするためには
最低限のお金は必要である。

 

しかし会社だけに収入を依存していては、
収入を上げることは難しいし、
もちろん
子供の成長とともにお金はこれからもっと足りなくなる。

 

それを防ぐために、なんとか自分のビジネスを持ちたい。

 

そう決めた私は、
物を安く仕入れて高く売る
物販事業を本格化しようと考えました。

 

物販をしようと考えた理由は
当時はメルカリがまだ始まったばかりでしたが
私は運良くメルカリ転売の波に乗ることができていたためです。

 

当時まだメルカリは多くの人が知らず
販売手数料も全て無料の時代でした。

 

私はこのプラットフォームに可能性を感じ
(TV CMが面白かっただけですが)
自宅にあった不用品などを
コツコツ販売したり
するようになったのです。

 

そしてそのメルカリ販売が軌道に乗ってきたことや、
自宅の不用品も少なくなってきたこともあり、
このビジネスをもっとスケールさせようと考えたのです。

 

■無料の勉強会に参加

 

元々物をインターネットで売ることが好きだった私は、
それからは無料で開催されているせどりなどの
勉強会に
片っ端から参加してみました。

 

勉強会に参加されている方や講師の方々は
成果を出している方も多く、
稼ぐためにはしっかりとしたノウハウが大切だと学びました。

 

そんな勉強会に参加し続ける日々を送っていたある日、
ふと参加した勉強会で、主催者の方に衝撃的なことを言われます。

 

■勉強会で言われた衝撃的な一言

 

「鬼束さんは、いつまでに稼げるようになりたい、独立したいんですか?」
その方に聞かれました。

 

「いつとはまだ決めていませんが、なるべく早くと考えています・・」
タイミングまで考えていなかった私は、とっさにそう答えてしまいました。

 

「ふ・・。それじゃ一生独立なんてできませんね笑」
その方はそう言って、笑って去っていきました。

 

(初対面の人になんでそこまで言われなくてはいけないんだ)
最初はそう思いました。正直怒りも湧いてきました。

 

でも少し時間が経ってみて感じたのは、
(確かにそうだな)
ということでした。

 

いつまでにどれくらい稼ぎたいのか
それすらイメージしていない状態では、
どれくらい本気で走ったら良いかも分かりません。

 

怒りを覚えた自分を恥ずかしく思うとともに、
確実に自分の中で期限が設定されたのを覚えています。

 

ただし今振り返ってみると、
結果的には当時決めた期限を過ぎてから独立をしましたが、
それで良かったと思っています。

 

期限を決めていなければやはり独立などできなかったでしょうし、
その期限までに今何ができるかを
一生懸命考えて
行動してきたからこそ今があります。

 

その時の私に必要だったのは、
自分の中でやる理由を創り、
やらない理由を排除して行くことでした。

 

■竹内さんの本に出会う

そしてそんな私は、竹内さんの本に出会います。
出会った当時の私は、
あの一部上場企業で管理職を任されていました。

 

その頃の日課は、
まずは会社に朝5:30頃に出社し、
新聞を読んでその内容を社内の100名くらいの読者に
メールでアウトプットするといったことをしていました。

 

新聞から、何かビジネスのヒントを掴みたい
そしてアウトプット力も高めて行きたい
先が見えない中でも藁にもすがる思いで3年くらい実施していました。

 

そんな時、読んでいた日経新聞に
竹内さんと竹内さんの本が載っていたのです。

 

日経新聞の2面でした。
ここにはベストセラーの本
将来
話題になる本ばかりが掲載されており、
この欄を参考に書籍を買うことも多かったです。

 

「こんな本や手法があるのか!
輸入というのは難しそうだけど、チャレンジしてみたい!」

 

そう思い、すぐにAmazonでその本を注文しました。
もちろん当時はメルカリしかやったことがありませんでしたので、
Amazonの販売アカウントすら持っていませんでした。

 

届いた本を読んでみると
まずその具体的な内容に驚きました。

 

1ページごとに今やるべきことが書いてあり
本の通りに進めるだけで、
輸入ビジネスがどんどん進んでいったのです。

 

また本を読んでいて分からない所は
竹内さんにメッセンジャーなどで
質問させて頂きました。
竹内さんは初対面(かつただの読者)
の私に
驚くほど丁寧に回答してくださりました。

 

そんなことを半年くらい続けておりましたが、
やはり自分一人では売上や利益を出し続けるのには
上限があると感じ、
たまたまIBCの募集があるのを見つけて、
応募させて頂きました。

 

■すぐにアカウントが停止に

 

IBCに入ってから欧米輸入に本格的に取り組みましたが、
なんと開始早々Amazonアメリカの仕入れ用アカウントが
停止になってしまいました。

 

購入用のクレジットカードを何度も変更したりと、
通常ではありえない取引をしてしまったためです。

 

自分の凡ミスとは言え、
仕入先を絶たれてしまい愕然としました。

 

なんとかIBCのみなさんの力を借りて試行錯誤した結果、
1週間ほどでアカウントを再開することができました。

 

プラットフォームを利用した物販ビジネスにおいて、
アカウントの重要性を実感した瞬間でした。

 

■またアカウントが止まる

 

しかしほっとしたのも束の間、
今度は日本の販売用Amazonアカウントが止まってしまったのです。

 

私がAmazon輸入を始めた当初、
タイミングが悪いことにAmazon全体に
中国製の安価な
偽造品などが出回り、
消費者からのクレームが相次いだのです。

 

そしてAmazonは偽造品等の規制を強化し始めていました。
その規制の中に”真贋調査”というものがありました。

 

ちなみに今でも真贋調査はありますが、
当時のものとは全く別物(安全)ですのでご安心ください。

 

当時の真贋調査は、こんな感じでした。
「あなたが出品している商品が正規品であることを2日以内に証明してください。
できなければアカウントを永久に閉鎖します」

「1ヶ月以内に正規品であることを証明してください。
それまであなたのアカウントは停止します」

 

ランダムピック型と言われる真贋調査でした。
そのランダムピックの真贋調査メールが来ると、
問答無用でアカウントが止まるという、恐怖すぎるメールです。

 

このメールがいろんなAmazonセラーに飛び交っていた時代に、
私はアカウントを作成してしまったのです。

 

補足しますと、
開設してから一定期間が経過したアカウントは
信頼性が増し、
このような調査が入りにくくなりますのでご安心下さい。

 

しかしこのような調査が多く起きている時期に
アカウントを作成するとアカウントが止まるリスクも高まるのです。

 

繰り返しになりますが、
今はこのような理不尽なアカウント停止は
ほとんど無くなったように感じますのでご安心ください。

 

「Amazon事業で絶対に成功する」

 

そう決めていた私は、
ここでもなんとか解決したいと考え、
竹内さんやIBCのみなさんに相談をしながら
慎重に
アカウント再開に向けて動きました。

 

結果、なんとか2週間ほどでアカウントを再開することができました。
「あなたのアカウントを再開します」
というメールが来たときは、本当に嬉しかったことを覚えています。

 

■ここからは順調に進みました

 

それ以降はアカウントが止まることもなく、
順調にビジネスを拡大することができました。

 

ここまでその1回以外でアカウントが止まらなかった理由の一つに、
竹内さんの教えである「グレーなことはしない」を
実践し続けたことがあったと思います。

 

稼げそう、儲かりそうでも、
法やモラルから逸脱したビジネスは一切しない

 

法令を遵守する。
それがビジネスを継続して行うコツである。

 

そう日頃から竹内さんに教えて頂いていたので、
グレーなことをしなかったのも良かったのかと思います。

 

余談ですが、竹内さんの本には
輸入ビジネスに絡む法令が詳細に書かれており
とても参考になりました。

 

■今現在の私

 

今では
・単純転売
・メーカー取引
・独占販売権の取得 
などの事業が軌道に乗り、

 

1日の労働時間は1時間程度で月利は300万円を達成。
独立も果たすことができました。

 

竹内さんやIBCの諸先輩方、仲間の皆様に支えられて
ここまで来ることができたことに、本当に感謝しています。

 

これからは過去の私のように
新しいチャレンジをしたい方を
サポートしていけたら嬉しいと考えています。

 

私はAmazon欧米輸入に出会ったおかげで、
お金無し、時間無し、心のゆとり無し
だった自分の人生を、本当に大きく変えることができました。

 

今では本当に少ない時間だけ労働して、
あとは自分の好きなことに
人生の大部分の時間を使っています。

 

そして、こんなに自分の人生を変えてくれた欧米輸入を
時間やお金が自由にならない以前の自分のような方々に、
もっと多くの方に伝えて行きたい。

 

そう思ったのが、
私がメールマガジンやブログで
情報発信を始めたきっかけです。

 

「ビジネスをする時間すら取れないから難しい」

 

「英語ができないから輸入なんて自分には無理」

 

「なんか難しそうだからできる自信がない」

 

そう感じて、
なかなか前に進めない方も
いらっしゃるかもしれません。

 

僕自身も最初はそうでしたので、
お気持ちとても良く分かります。

 

また既にビジネスを始めているが結果が伴っていない方でも、
頑張っているのに結果が出ていない方は

 

そこで感じる悔しさや焦りなど、
とても良く分かります。

 

なんなら、

1歩前に進んでは
予期せぬトラブルで2歩3歩と
戻されてしまうこともあったのではないでしょうか。

 

「これじゃ動けば動くほど後退しているじゃないか」

 

そう感じ、不安に思うことも僕も何度もありました。

 

しかしその後退は成長や今後の大きな成果のために、必ず必要です。
今なら自信を持ってそう言えます。

 

僕は自分でビジネスをしたことなんてなかったし、
英語も話せません。

 

お金も無い、時間も無い、人脈も無い。

 

こんなドン底の状態で始めた僕だからこそ
お伝えできる情報があるのではないか、そう思っています。

 

過去の自分を振り返りつつ、
こんな情報がほしかった
と思える内容をメールマガジンを通じてお届けして行きます。

 

初心者の頃は全てが不安で、小さなことで悩んだりもすると思います。
どんなささいなことでも、疑問などは直接質問なども頂けたら
嬉しいです。

 

一緒に、頑張っていきましょう!!!!

 

今後、より有益な情報を
メールマガジンやブログを通じて
配信して行く予定です。

 

細かなテクニックや方法論については
メルマガで取り上げて行きますので、
ぜひ今後の僕からの情報もチェックしてください。

 

輸入転売ビジネスで成功するために必要な情報を
惜しみなく公開させて頂きます。

 

よろしければぜひ、
メールマガジンも登録して頂けたら
嬉しいです。(配信解除も簡単にできます)

 

メールマガジン:
子供5人、多忙なサラリーマンから副業月収165万円達成し独立!
~Amazon輸入ビジネスで副業で最速で稼ぐ方法を教えます~

登録ページへ ⇒ http://

 

また、最近はメールが迷惑メールフォルダに入ってしまうことが多くあります。
確実に受け取れるよう事前に設定しておくことをオススメします。
フォルダ分け設定方法
https://bit.ly/3q7pEX4

 

※ちなみに僕は、
欧米輸入業界の権威である竹内亮介氏が主催する
IBC 1年会員:年間 165万円(税込)
シークレット会員:年間 297万円(税込)
にも入っております。

 

IBCで単純転売以外にも
メーカー取引や独占販売など様々なノウハウを学び、
既に成功している起業家の方々と交流し、
僕自身、日々成長し続けています。

 

「輸入ビジネスに関する有益な情報」以外にも、
「IBCで学んだ一流ノウハウ」等、
無料レポートよりも更に役立つ情報を無料で配信しています。

 

よろしければぜひご登録ください!

 

メルマガ:子供5人、多忙なサラリーマンから副業月収165万円達成し独立!
~Amazon輸入ビジネスで副業で最速で稼ぐ方法を教えます~

 

著者 :   鬼束 壮一(おにつか そういち)

 

メールアドレス:   info@s-onitsuka.com

ブログ       :   https://amazing-japan.jp/

facebook    :     https://bit.ly/3HQfGiR

 

このレポートに関するご意見、
ご感想、ご質問などもお気軽にお寄せ下さい。
連絡先メールアドレス:info@s-onitsuka.com

 

それでは、あなたにお会い出来る日を楽しみにしております。
最後までお読み下さり、誠にありがとうございました。

 

■ 1986 年生まれ

■ 千葉県出身、千葉県在住

■ 元・東証一部上場企業 マネージャー

■ 5児の父

■ 好きなスポーツ:野球、マラソン

■ 趣味:映画鑑賞、海外国内旅行、読書、キャンプ

■ 目標:メルマガ読者様に価値のある情報を提供し、一人でも多くの人に稼いでもらう事。

 

Amazon輸入

鬼束 壮一

 

タイトルとURLをコピーしました