簡単・スポンサープロダクト広告見直し方

ノウハウ

簡単・SP広告見直し方

Amazon販売をして行く上で欠かせないスポンサープロダクト広告掛けている方は、たまに広告費の見直しを行うと良いです。

ぜひご自身のセラーセントラルの”広告”ページから、以下の数値がどうなっているか見てみてください。

【結論】

広告費の見直しは、以下を確認すれば概ねOKです。(初心者の内は)

・CTR

・ACOS

【CTR(クリック・スルー・レート)】

CTRが0.09以下になっていたらNG、即改善が必要です。

できれば0.5以上、理想は1.0以上を一つの目安にしてみてください。

(あくまで初心者さんの目安です。中上級者や商品立ち上げ時などは別)

【ACOS(AMAZON独自の指標 類似語はROAS)】

ACOSは10%以下が望ましいかと思います。

10%以下ならOK、逆に20%とか超えていたら、高すぎると言えます。

(しつこいですが、あくまで初心者さんの目安です。この目安が全てではないです。)

【用語の説明】

CTR=

表示された広告がクリックされた率(1%なら、100回表示されて1回クリック、です。)

ACOS=

売上に対する広告費の割合です(売上100万に対してACOS10%だと、広告費ざっくり10万)

【具体的な改善策】★重要★

CTR高+ACOS高の場合

多くクリックされているが売上に繋がっていない状態です。

  • <Listingの見直しやキーワードの改善を行いましょう>

CTR低+ACOS低の場合

クリックは低いが売上に繋がった状態です

  • <入札単価を上げて様子を見るのも手です>

【初心者・中級者が広告を使用するケースは以下を想定しています。】

全商品に入札単価3円、一日の上限500円で掛ける(見直し必要無し、CTR0.5前後、ACOS1〜2%)

メーカー取引を開始したが商品が売れない(カテゴリにいるライバルが強い)

メーカー商品を扱っており、適正な広告費で販促を掛けて行きたい。

単純転売・メーカー問わず、出品者数に対する自分のカート獲得率が低い(ビジネスレポート参照)

多く仕入れてしまった不良在庫を売り切りたい

【補足】

  1. 単純転売のみの方は、全商品への広告のみ(月間広告費1,000〜2,000円程度で売上5〜10万)でOKかと思います。
  2. メーカー取引を始めた方は、ぜひSP広告をオートで掛けて、CTRとACOSを見ながらキーワードや入札単価を調整してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました