実践すれば必ず成果が出ること

ノウハウ

みなさんこんにちは。
Amazon輸入実践者の鬼束です。

 

相変わらず今日もタイにいて、
過ごしやすい気候の中、半袖でビーチに来て
この記事を書いています。

 

昔から寒いのが苦手でしたが、
冬は寒くない国に来てしまえば良い、
ということは純粋に大発見です。
生産性も上がっている気がします。

 

さて。
本日は、
実践すれば必ず成果が出ること
についてお話したいと思います。

 

実は、これを実践するだけで、
誰でも成果を出すことができます。

 

突然ですが、
私はレペゼン地球のDJ社長のファンです。

彼の言葉に、

「頑張り方を間違えてはいけない」
というものがあります。

 

例えば”一番先に目的地に着いた人が勝ち”
というゲームがあった場合に、

がむしゃらに全力ダッシュして目的地に向かうよりも、
早く目的地に着く方法を調べて、その方法で向かう方が良い。

全力ダッシュしている時は頑張っている感はあるけど、
結局はちゃんと調べて実践した人に負けてしまう。

そんな話です。

 

頑張り方を間違えてはいけない。
私はこれを、
頑張り方を考えることを放棄してはいけない。
と理解しました。

 

話を戻しますが、
人は誰でも成果を出す方法を
”知っています。”

上記のたとえ話であっても、
そうだと思います。

目的地に早く行くには
全力ダッシュするよりも
何か他の方法を使った方が早く着けます。

そんなことは、
言われなくたって誰もが分かると思います。

 

そしてその方法は、基本的には
”できる”
内容が多いのです。

 

しかし実際にそれを
”やっている”
人は少ないです。 

 

例えば、朝早起きをすれば生産性が上がる。

ムダな飲み会には行かない。

人生を変えると決めた1年間は、
とことんコンフォートゾーンから遠ざかる。

メーカーのリサーチを月に1,000件行う。

得意な人に、質問してみる

 

などなど・・・

今あなたの目の前にある課題を解決する方法を
あなたは知っています。

 

そしてその解決方法のほとんどは、
物理的にはできることです。

 

でも、やらない人が多いです。

 

私が昔、自分自身で一番できていなかったことは、
何かをやって上手く行かなかったことの結果に向き合う
ということでした。

 

結果に向き合うことは大変なことです。

 

「今日はリサーチを5時間やろうと思ったが、
 急に電話が掛かってきてできなかった」

「5時に起きようと思ったが、朝が寒すぎて
 起きられなかった」

「仕入れた商品が値崩れして、
 赤字になってしまった」

 

このようなことが昔の私にはよくありました。

そして結果には向き合わず、
「次は何とかなるだろう」
と考え、特に手を打たないで、
また同じ結果になってしまっていました。

 

ではどうしたら良かったのでしょうか?
いくつか解決案を出してみます。

 

■急に電話が掛かってきてリサーチできなかった
→解決案① リサーチの時間を、電話が掛かってこない時間にする 
     (朝の4〜6時や、夜の22時以降など)

→解決案② そもそもその電話はなぜ掛かってきたのかを検証し、
      その電話が掛かってこないようにする。
      例)顧客からのクレーム電話なら、そのクレームが
        発生しないように対策する。

■寒くて朝起きられなかった
→解決案① 起きる時間の30分前に暖房がつくよう
      タイマーをセットする

→解決案② 暖かい羽毛布団を買う

■値崩れして赤字に
→解決案① 価格が回復するまで待てるように、
      不用品販売などで資金を作る

→解決案② 値崩れの要因を検証、または他人に質問して、
      次回からは事前に値崩れが予見できるようにする。

 

いかがですか?
こういったことを続ければ、
同じトラブルやミスは減らして行けます。

しかもどの案も単純なもので、
少し自分の頭で考えるか、
Google検索すれば出てくるものばかりです。

 

エジソンは言いました。
「私は失敗をしたのではない。
 上手く行かない方法を見つけたのだ」
と。

 

上手く行かない方法を見つけて、
それを繰り返さない(=知ったら、実行する)
ことで、あなたもどんどん成果が出せるようになります。

 

あなたの脳裏には浮かんでいるはずです。
次に何をすると、自分の人生がより良くなるのか。

 

その素晴らしく、そして良い意味で平凡なアイディアを
ぜひ実行してみてくださいね。

 

本日は以上です。
最後までお読みくださりありがとうございました。

 

また明日も、記事であなたとお会いできることを
楽しみにしています。

 

記事を更新すると同時に
Twitterも更新しています。

 

下部のリンクからTwitterに飛べますので、
フォローして頂けたら嬉しいです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました