両親との北海道旅行が中止になりました

プライベート


こんにちは、鬼束です。




 




今年の8月半ばに、両親や兄弟と一緒に北海道旅行に行く予定を立てており、その日を指折り数えてとても楽しみにしていました。




しかしコロナの広がりを懸念する父の決断で、旅行が中止となってしまいました。




 




とても楽しみにしていた旅行だったので、本当に残念に思います。




 




しかし、そこで母から言われた言葉がとても印象的でした。




 




私は、コロナを警戒するというのは個人の価値観なので、問題視していません。




 




しかし、1つだけ心配なことがありました。




 




実はこの旅行の発案者が母でして、中止したことを後々後悔しないかな?ということです。




 




家族で旅行する機会もこれまでほぼ無かったため、母はこの旅行を一番、大変楽しみにしていたのです。




 




そのため私は、万が一今後近い未来に母が健康を害すようなことがあった時に、




『あの時に旅行に行っておけば良かった』




と後悔するのでは、と心配しました。




 




私は、死ぬ時に後悔無く死にたい。




ああ、あれをやれば良かった、と思いながら死ぬのは嫌だなぁ




そう考えています。




 




その心配を母に伝えたところ、このように言われました。




 




『心配してくれてありがとう。でももしそんな事があっても、後悔はしないと思う。




旅行に行きたかったのも本当だけど、行かないと最後に決めたのも自分。




自分の判断を大切にしてきたから、もし近い未来にそうなっても、それは自分が決めた事だから後悔はしないよ』




 




はっとしました。




母は、その時その時の自分の判断や決断を、私なんかよりももっと細かく行なっているのだなと。




 




もしかしたら私は、自分の判断よりもイベントが実施されるということの方が、大切と考えていたのかもしれません。




思えば母は、私が幼い頃からいつも私の自主性を尊重してくれていました。




何を言っても応援してくれ、自由にやりたいことをさせてくれていました。




その結果、今の自由な私がいます。大感謝です。




 




今回のやり取りで、そんな母の、思考の根幹を見せてもらった気がしました。




 




自分ので決めたことが例え理想の未来を生まなくても、決断した自分や行動した自分を承認してあげたい、そう感じました。




 




母が元気な内に、必ずまた、家族旅行を計画したいと思います。




 




本日は以上です。




お読み頂きありがとうございました。




 




このブログでは、主に




•Amazon輸入のノウハウ




•副業のコツ




•鬼束の非日常的な生活




などを中心に発信しています。




 




また次回も、記事であなたにお会いできることを楽しみにしています!




 




記事を更新すると同時にTwitterやFacebook、LINEも更新しています。




フォロー大歓迎です♪




Twitter https://twitter.com/corpamazing




Facebook https://onl.sc/eufzGNf




LINE https://lin.ee/17CCHTR

コメント

タイトルとURLをコピーしました