【もっと早く知りたかった】なぜすぐに実行できないのか? 意外な理由

ノウハウ


こんにちは、鬼束です。
 
 
何かタスクが発生した際、
すぐにやれば良いという事は
多くの人が知っています。




しかしすぐにできず、
タスクを後回しにしてしまう人
が多いことも、事実です。
 
 
後にやろうはばかやろう
と山ピーが言った時から、
私もなぜ、自分がすぐに行動できないのか
不思議に思っていました。
 
 
なぜすぐに行動できず、
タスクが溜まるのか。
 
その答えは簡単で、
過去の自分から投げられているタスク処理
に、現在の自分が追われているからです。
 
 
多くの人は、
過去の自分が後回しにしたタスク
をこなすこと、または
過去のミスのリカバリーに、精一杯です。
私もそうでした。
 
 
過去の自分が、
今の自分に投げたタスクを
実行しなくてはいけない。
 
 
だから、今目の前で発生したタスクに、
すぐに取りかかれません。
 
そして今目の前で発生したタスクをまた、
未来の自分へ投げるのです。
 
 
過去の自分から、
タスクのプレゼントが来続ける限り、
目の前で発生したタスクを
即処理することは難しいです。
 
 
過去の自分から降り注ぐタスクを
一旦消化するためには、
2つのコツがあります。
 
 
それは、
1.自分の中でやらないことを明確に決める。
2.過去の自分から来たタスクの
対応時間を決めておき、
その時間以外は今に集中する
 
ということです。
 
 
1では、
そもそもタスクの全体量を
減らしていきます。
 
人は放っておくと、
どんどんタスクが増える生き物です。
定期的にタスク自体を
減らして行きましょう。
 
タスクを減らすには、
『やらないことリスト』
の作成がオススメです。
 
 
2では、
1日の中でこの時間だけは
過去の自分からのタスクに対応する時間、
というものを決めて、
その時間だけ、
過去の自分からのプレゼントを
開けるのです。
 
 
そしてその時間以外は、
今に集中します。
 
 
これを繰り返すと
タスクが溜まらなくなるので、
どんどんやりたいことを
進めていけるようになります。
 
 
またミスも減ってくるので、
過去のミスに対するリカバリーも、
無くしていけます。
 
 
もしもあなたが、
やりたいことが多いけど
なかなか進めない、
という場合は、ぜひ
 
1.自分の中でやらないことを明確に決める。
2.過去の自分から来た
タスク対応時間を決めておき、
その時間以外は今に集中する
 
 
を試してみて頂けましたら幸いです。
 
 
本日は以上です。
お読み頂きありがとうございました。
 
私は日々、
•Amazon物販のノウハウ
•副業ノウハウ
•国内海外を周るプライベート
などについて発信しています。
 
 
また次回も
あなたと記事でお会いできましたら
嬉しいです。
 
 
記事を更新すると同時にTwitterやFacebook、
LINEも更新しています。
フォロー大歓迎です♪
 
 
Twitter https://twitter.com/corpamazing
Facebook https://onl.sc/eufzGNf
LINE https://lin.ee/17CCHTR

コメント

タイトルとURLをコピーしました