転職をするべきかどうか悩んだときの判断基準 その2

ノウハウ

みなさんこんにちは。
鬼束です。私は現在

大手の人材紹介会社にて10年弱勤務しております。

本日は前回の続きで、転職に悩んだ際の判断基準〜就労における制限が無い方向け〜について解説していきます。

結論 悩んだときの判断基準とは

それではいつものように、結論から行きますね。

就労時間・曜日・場所に制限が無い方が転職しようか悩んだときの判断基準は、

『職場の先輩や上司が自分の5年後・10年ごと捉えた時に、その人のようになりたい!と思える人がいるかどうか』

です。

職場の先輩や上司は、数年後のあなたです。

仕事においてイキイキと仕事をしているか?愚痴ばかり言っていて、生産的では無いか?

プライベートは充実しているか?

人間性はどうか?

満足する給与を貰えているか?

あなたが将来どんなキャリアを積みたいか、どんなプライベートを過ごしたいかという軸で、ぜひ先輩や上司をみてみてください。

そこにあなたが憧れる先輩や上司がいれば、その組織で頑張り、結果を出すことでなりたい自分になれるかもしれません。

問題なのは、憧れる先輩や上司がいない場合です。

転職というキーワードが頭にちらついた時に職場に憧れる先輩が居ない時は、転職という道を進んでも良いのでは無いのでしょうか。

最後に

今日のブログは少し短いですが、以上です。

あえて短くシンプルに仕上げてみました。

『転職しようか悩むなぁ』

と考えている方の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました