【初心者向け】ブログを書く上で大切な骨組み5つ

基礎知識

こんにちは。鬼束です。

今日はマナブさんから学んだ
ブログを書く上で大切な骨組み4つ
について、自分なりの考察も交えながら解説して行きます🤗

ブログ初心者は、このような骨組みを理解しながら進めるとスムーズに入れるでしょう。
失敗を経験することはもちろん大切ですが、『先人に学び、不要な失敗を回避する』ことが、
飛躍的に自分を成長させる要因だったりしますね🤗

それでは行きましょう!

キーワード

ブログを書く上で大切な骨組み4つは、以下の通りです。

1:問題提起
  読者が抱えている悩みや問題を明確にする

2:結果の明示
  あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える

3:結果の根拠
  2で示した結果が出る根拠を伝える

4:行動
  読者の行動は?(マネタイズ設計)

詳しく見て行きましょう!

問題提起

マナブさんが繰り返し伝えることがあります。
それは、
【ブログで自己表現をせず、読者が読みたいものを届けることに集中する】です。

では読者が読みたいものを届けることに集中するとはどういうことか。
これは深堀ると、
【社会のトレンドを読む】ということだそうです。

社会のトレンド

では社会のトレンドとはなんでしょうか。
例えば今ならこんな感じです。

・コロナ(withコロナやアフターコロナ)
・副業ブーム
・AI / VR / ARブーム
・フリーランスブーム
・プログラミングブーム

などがありますね。
このような分野を狙ってブログを書いて行くことが大切だそうです。
私は副業を中心に、あとは人材紹介コンサルタントの経験を生かして転職についての記事なども書いていくつもりです。

社会トレンドに沿って、読者の顕在的・潜在的な問題にフォーカスして記事を書いて行きましょう。

結果の明示

ブログを書く上で大切な骨組み2つ目は、結果の明示です。
あなたの記事を読むことでどうなるかを、明確に伝えましょう。

この2つ目の骨組みを知って思ったことは、
『ブログの中で、結果を伝えるタイミングはいつだろう』
ということです。

冒頭で伝えるべきなのか、文中で伝えるべきなのか。
ケースバイケースだとは思いますが、自分の中でいつこの結果の明示を行うかは、明確にして行きたいと感じました。

ちなみに本記事で得られる結果は、
【マナブさんが大切に考えているブログの骨組みを知ることで、明日からのあなたのブログの質が飛躍的に向上する】
です🤗

得られる結果を明示する時は、
・事実として何を得られるか
・それを得た結果、どんな未来になるか

という流れで明示できると、読者も根拠を伴って自分の未来を想像できるので、良いかと思います。

結果の根拠

ブログを書く上で大切な骨組み、3つ目は結果の根拠を示す、です。
2で示した根拠を伝えましょう。

根拠を伝えるということは、結構難しいですよね。
私の主観では、特に日本人は、この根拠を伝えるということが苦手な方が多いように感じます。

なぜなら、日本人が使っている日本語には、
『全て伝えなくても察する』
という文化があるため、伝えたいことの根拠などを全て話す文化が、日本にはあまりないからです。

全てのことを伝えてしまうと、それは相手に対して
『あなたは察する能力が無い』
ということを暗に伝え、バカにしているような印象を与えてしまうことがあります。

日本人は根拠を伝えるのが苦手。
だからこそ、マナブさんはここに注目しているのでは無いでしょうか。

周りができないことを体系的にできるようになれば、それは差別化に繋がりますね。

根拠を示す方法とは

根拠を示すためには以下の枠組みで物事を伝えると良いと言われています。
(ソースはドラッカーや、本業として営業マネージャーをしている私・・)

1:事実
2:数字
3:エピソード(≒具体例を伴った事実)

つまりあなたの主観や感覚を交えず、事実や数字、エピソードを用いて説明できると良いです。

ですからこの記事で結果の根拠を示すには、
・ブログ界で成功しているマナブさんが言っていることなので、再現性もあり実績に繋がりやすい(抽象的な事実)
・マナブさんの実績は、ブログで月に1,000万稼いでいる(数字)
・Youtubeの登録者数も40万人に届きそうな勢いで伸びており社会からのブログにおける信用度も高い(数字)

となるかと思います🤗

行動

ブログを書く上で大切な骨組み、最後は行動です。
具体的な行動指針を示し、読者のマネタイズに繋げましょう。
マネタイズ=収益化(金銭に限らず)です。

マナブさんは過去のブログでこう言っています。

ネットで稼ぐ人を見ていると、その大半は『周りの友人も稼いでいる』
つまり環境が人を成長させるので、その環境に行きましょう。
ただし今居る環境で精一杯やり切ってから環境を移すことが大切です。

ここまで具体的に読者の次回アクションを示して上げるということですね。

社会トレンドに対し根拠を伴ったアクションを提案する

これがマナブさんが考える、ブログの大筋です。

今の自分のボトルネックがどこにあるのかを考えながら、少しずつ伸ばして行けると良いですね。
私も引き続き、この骨組みを意識しながらブログ更新を続けて行きます。

▼ボトルネックという言葉の意味合いを学ぶのに最適な本(マンガ)、ザ・ゴール。名著です▼

ザ・ゴール コミック版 / エリヤフ・ゴールドラット 【本】

価格:1,320円
(2020/5/10 05:54時点)
感想(0件)

本日もお読み頂きありがとうございました!

引き続き皆さんと一緒に成長して行けたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました