翻訳ツールだけでメーカー交渉する翻訳術

Amazon輸入

こんにちは、鬼束壮一(おにつかそういち)です。

Amazon輸入転売とメーカー取引で、
一日1時間ほどの作業で月200〜300万円ほど
稼げるようになり、ストレス無しの自由な生活を
送っています。

 

本日は翻訳ツールだけで
メーカー交渉をする
翻訳ツール活用術を紹介させて頂きます。

 

私はほとんど英語ができませんので、
メーカーと英語で交渉する際などには
以下の3つの翻訳ツールを使い分けています。

 

DeepL:しっかり翻訳したい時

LINE翻訳:手軽にサクッとスマホで翻訳したい時

Google翻訳:PDFなどの書類を翻訳したい時

 

そして本日は、DeepLの翻訳術を紹介します。
※他の翻訳ツールにも生かせるワザです。

 

翻訳ツールを使って翻訳をすると、
時に
”変な英語”
になってしまうことがあります。

 

日本語と英語では文法が異なるため、
そのようなことが起きるのです。

 

そこで、翻訳ツールを使って英訳をした後は、
その英語を再度和訳してみて下さい。

 

大切なことなのでもう一度言いますね。
英訳したあと、出来上がった英文を、
翻訳ツールで和訳してみてください。

 

すると、文法の違いから変な英語に
なっていた場合
は、変な和訳になりますので
すぐに分かります。

 

英訳したあと、必ず和訳をする
というのが、今回のポイントです。

 

ちなみにこの英訳→和訳
をしていると、
『日本語ではあまり主語を使わない』
ということに気づくと思います。

 

そのため英訳前の日本語文では、
主語を積極的に使うことをオススメします。

 

例えば、
明日の会議で資料を用意しておいてください。
という文章でも、

 

は、明日の会議で使用する資料を、
あなたに用意しておいてもらいたいと思っています。

 

という感じです。

 

和訳という一手間を加えるだけで
あなたの英文のクオリティがグッと向上しますので、
ぜひ試してみてくださいね。

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

このブログでは毎日、
あなたのAmazon輸入や副業の稼ぎが増える
情報をお届けしています。

 

また読んで頂けたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました