副業のゴールデンタイム

Amazon輸入

みなさん、おはようございます。
会社員との副業時代で月利100万円を稼ぎ、
今では独立して月利300万円の鬼束です。

 

副業を成功させる上で
とても大切なのが、時間の確保です。

 

周りでは、
副業時間を夜に取る方が
結構多い印象です。

 

もしも夜に副業をしているが、
なかなか成果が出ない、
という方がいらっしゃいましたら、
今日の話を参考に試してみて頂けますと嬉しいです。

 

副業ゴールデンタイム①通勤時間

まず最初の副業ゴールデンタイムは、
通勤時間です。

 

通勤時間、特に電車通勤の場合は、
電車内は最高の副業場所です。

 

できればパソコンを持ち込み、
耳にはAir Pods Pro
(ノイズキャンセリング機能付き)
を付けて、全集中で副業しましょう。

 

電車内が副業に最適な理由は、
下車という締切があるから
です。

 

締め切り効果は絶大です。
本業でも、
終業まであと5分
という時に、
ものすごい集中力が出ることありませんか?

 

電車も同様です。
下車しなくてはいけないという、
圧倒的な締切があるため、
ものすごい集中力が出ます。

 

電車内で作業する際は、
周りの方への配慮と
下車時刻数分前に鳴る、
タイマーの設定も忘れないでくださいね。

 

なお、
”電車乗ってるけど、座れないよ!”
という方は、
・座れる時間に乗る
・座れる駅(始発)に引っ越す
などがオススメです。

 

また、
”車通勤しかできないよ”
という方は、通勤時間に動画や音声で
インプットをするなどがオススメです。

副業ゴールデンタイム②ランチ時間

次の副業ゴールデンタイムは、
ランチ時間です。

 

副業にコミットすると決めている場合は、
同僚との楽しいランチは一旦がまんしましょう。

 

お昼休みになったらパソコンを
操作できる環境に行き
(私は浜松町のマックでした)
ひたすら副業をしましょう。

 

お昼休みもまた締め切りがありますので、
高い集中力を出すことができます。

 

ただし社内では、
ランチ時にいつもいなくなるため、
周りから変人扱いされるかもしれません。

 

それでも
”副業で稼ぐ”
と決めたならば、
人からどう見られても関係ない!
というマインドで、集中したいですね。

 

副業ゴールデンタイム③早朝

最後の副業ゴールデンタイムは、
朝です。

 

朝と言っても、
早朝です。

 

私は副業時代、
朝の4時に起きていました。

 

4時に起きて、通勤場所が
遠い場合は、4時台の始発に乗って
通勤していました。
そして6時ころに到着し、そこまでと
そこからガッツリ副業をしていました。

 

通勤場所が近かったり、
テレワーク時代は、
4時から9時までみっちり4〜5時間
副業をしてから、本業に入っていました。

 

朝がオススメな理由は以下の通りです。

・誰からも連絡が来ないので集中できる
・朝は一番決断力や思考力が高い
・海外とのリアルタイムなやり取りもできる。

 

私が所属するIBC(欧米輸入)で、
私の大先輩で法人をいくつか所有している
経営者の方がいらっしゃいました。

 

その方も私の勧めで4時起きを実践した所、
”もう4時起き以外考えられない”
とおっしゃっていました。
それくらい仕事がスムーズに進んだそうです。

 

とは言え、4時起きなんてなかなかできなそうですよね。
早起きには、コツがあります。
それは、早寝です。

 

数多の誘惑を振り切り、
会社は定時で帰宅。
(もちろんそれが難しい環境の方も
 いらっしゃると思います。)

 

それらができる方は、
ぜひ朝の副業にチャレンジしてみると
良いです。

 

いやいや、俺夜型なんだよ・・
という方

 

実は夜型の人は超少数で、
ほとんどの方は朝型です。
夜型と思っている方のほとんどが、
夜ふかしが原因で朝起きられないのです。

 

早寝に一度チャレンジしてみるのも
良いかもしれません。

 

早寝をするためには、
睡眠について学んでみるのもオススメです。

最高の睡眠①】免疫力を高める睡眠は新型コロナウイルス感染の防御策 - YouTube

 

なお朝の副業も、やはり
”本業”という締切があります。

 

どこまで行っても
”締め切り効果”が生み出す
集中力は絶大ということです。

 

いかがでしたか?
しんどい話をさせて頂きましたが、
人生でここまでフルコミットする期間など、
せいぜい1〜2年くらいだと思います。

 

人生を変える1年を、一緒にやりきってみませんか?
あなたと伴走できることを、楽しみにしています!

 

本日もお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました