今から始めるのって遅いですか?

副業

みなさまこんにちは。
Amazon輸入実践者の鬼束です。

 

ハーレーを買うべく大型二輪免許取得に
日々向き合っています。
もうすぐ第一段階のみきわめです・・。

ハーレーダビッドソン徳島 on Twitter: "中古車入荷。2016年モデルXL1200Xフォーティーエイト。 カスタム多数でお買い得ですよ。  車両価格125万円税込。 #ハーレー #ハーレー徳島 #harley #中古車 #XL1200X #フォーティーエイト  https://t.co/7Nhx0pkDH1" / Twitter

さて。
本日は、
”今から始めるのはもう遅いですか?”

という質問に対し、
『うん、遅いね』
と答えられる回答はあるのか?

 

というテーマへの考察をお話します。

 

結論から言うと、
私の中で
”今から始めるのが遅い”
ということは無いと思っています。

 

もちろん若い頃から始めた方が
”有利”
なことはあるかもしれません。

またミクロすぎる視点で、
例えば40歳の方が
『自衛隊に入りたい!』
と言っても、年齢制限でアウトです。

 

私が言いたいのはもう少しマクロ視点です。

 

自衛隊に入りたい方でも、
自衛隊に入るというのはただの手段であり、
目的ではないはずです。

 

では目的は何か?
・国を守りたい?
・銃を撃ちたい?
・パイロットになりたい?
・安定した給与を得る公務員になりたい?

 

それらの目的を果たすためには、
自衛隊でなくても果たせるのでは?

 

つまり年齢制限があることをしたいと思っても、
しっかりと目的まで掘り下げて考えると、
違う手段があることに気が付きます。

 

同じことはビジネスにも言えます。
例えばせどりやAmazon輸入などは
もう色んな人が参入しているから、
今から始めるのは遅いですよね?

 

と、2013年頃の私は思っていました。
割と本気で・・。
なので、トライしませんでした。

 

なんなら2010年くらいに、
Ebayで物を仕入れて
ヤフオクで売るというモデルも、
『きっと今から参入してももう遅いだろうな』

 

と思っていました。

 

多分今、2022年から副業だったり
せどりやAmazon輸入を始めても
遅いんだろうな・・・

 

と思っている方は、
2025年に後悔すると思います。
『2022年から始めておけば良かった・・』
と。

 

今日が人生で一番若い日
というのはリベ大 両学長が良く言う言葉です。
本当にその通りだと思います。

 

今日の決断が明日を作り、
1年後、5年後、10年後の自分を創ります。

 

今日始めれば
1年後、5年後、10年後の未来は確実に変わるし、
今日始めなければ何も変わりません。

 

何から始めたら良いか分からなければ、
何から始めたら良いか調べる方法を勉強しましょう。

 

人に会うでも良いし、
コミュニティに入るでも良し。

 

物販を始めるなら、
まずは販売先のアカウントを作るでも良し。

 

せどりを始めるなら、プライスター
せどりすとなどのアプリを取って、
実店舗に行ってリサーチするも良し。

 

物販じゃなくても良いと思います。
ウーバーイーツでも死ぬ気でやれば
月50万円くらいは行きます。

 

不用品販売だって、
本気でやって150万円くらいを作った方もいます。

 

自己アフィリエイトでは
10万円以上を作れました。

 

ブログのアフィリエイト収入だって
数万とか十数万とかなら1年もやれば
到達するはずです。
そのために、1万円くらいの教材を買っても
良いでしょう。

 

仮想通貨だって情報元を間違えなければ
まだまだ稼げます。

 

SNS、NFT、もちろんこれからです。

 

飲食店ビジネス、美容師業界、自動車業界

 

なんだって死ぬ気でコミットしてやりきれば、
稼げます。

 

なので、
”今から始めてももう遅いかなぁ”
と思った方はラッキーです。

 

ぜひそれを死ぬ気で取り組んでみて
下さい。

 

今から始めたら遅いか?
という疑問は、裏返すと
今から始めて上手く行かなかったら、
時間がもったいない

 

という、”損をしたくない”
という気持ちが混じっています。

 

しかしスティーブ・ジョブズは言いました。

『コネクティング ドット』

点と点が繋がったという意味です。

 

これは有名な話ですが、
スティーブ・ジョブズは大学で、
カリグラフィーという美しい文字の授業を受けていました。

 

こんな授業、何の役に立つのだろう?
と思いながら受けていたそうです。

 

しかしそこで学んだことは、
Macの美しいフォントに大いに生かされ、
Macintoshシリーズの大ヒットに貢献しました。

 

もしかしたら、あなたが今やろうとしていることは
そこまで莫大な利益を生むものではないかもしれません。
でもそこで得た経験は、必ず”次”の選択肢を導いてくれます。

 

それを繰り返すことで、大成功間違いありません。

 

ケンタッキーを作ったカーネルサンダースさんは、
60代で起業しました。

 

自分の作ったフライドチキンの味を信じ、
1,000社以上に売り込んだと言います。

 

やりきり、山の山頂まで登りきれる自分を信じて、
今日から始めてみませんか?

 

今から始めて遅いことなんて、
何もありません。

 

本日もお読み頂きありがとうございました。

また明日、記事でお会いできることを
楽しみにしております。

 

鬼束

コメント

タイトルとURLをコピーしました