キーワードごとのライバル数を調べる方法をご存知ですか?

Amazon輸入

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『副業でも稼げる!鬼束式Amazon物販』
読者様限定メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★LINE友達を大募集中です。
友達登録はコチラをクリック
[link]https://lin.ee/17CCHTR
もしくは「@197pdosh」でID検索
(@をお忘れなく)

Amazon輸入のノウハウや副業のコツなど
稼ぎに直結する情報をお届けしています!

こんにちは。
Amazon物販で年商2億円
世界を旅するセラーの鬼束です。

さて。実はAmazonでは、キーワード
ごとに、そのキーワードに強いライバル
の数を調べる事ができます。

キーワード=お客様がAmazonで商品を
検索する際に、検索窓に打ち込む文字

例えばAmazonにおいて、Airpodsという
キーワードから生まれるクリックの81%は
Apple社製のAirpodsです。

つまりAirpodsというキーワードは、
こちらが使った所でクリックすらされない
という事になります。

『そりゃそうでしょ』と思われたかも
しれません。もちろんAirpodsはかなり
分かりやすい例です。ただしこのように
実はクリックが特定の商品に集中している
キーワードは、実はたくさんあります。

もしあなたがこれから上位を取ろうと
考えているキーワードが、実はこの
クリック集中度が高かったらどう
なるでしょうか?

利益度外視の広告費、ライバルセラーからの
嫌がらせなど、茨の道を歩む事必須ですね。

ですから狙うキーワードを決める場合、
このクリック集中度を事前に調べておく事は
とても大切なのです。

では、クリック集中度を調べる方法とは
何なのか?それは”セラースプライト”を
使います。

セラースプライト
https://www.sellersprite.com/CJ9852
30%割引コード CJ9852

やり方はとても簡単で、セラースプライト
の”キーワードリサーチ”にて調べたい
キーワードを入力してリサーチします。

すると”クリック集中度”という項目に、
数値が出てきます。どれくらいの数値なら
良いかは人によりますが、30〜40%を
下回っていたら良い数値と言えますね。

あなたがもしも狙っているキーワードが
あったら、ぜひクリック集中度も調べて
みてください。勝つか負けるかは、
参入前にある程度調べられます。



 

本日は以上です。
お読み頂き、ありがとうございました。



私は日々、
Amazon物販のノウハウ
副業ノウハウ
国内海外を周るプライベート
などについて発信しています。


また次回も
あなたと記事でお会いできましたら
嬉しいです。


記事を更新すると同時に
TwitterやFacebook、
LINEも更新しています。
フォロー大歓迎です♪


Twitter https://bit.ly/3JSTGG8
Facebook https://onl.sc/eufzGNf
LINE https://lin.ee/17CCHTR




PS.1
★LINE友達を大募集中です。
友達登録はコチラをクリック
https://lin.ee/17CCHTR
もしくは「@197pdosh」でID検索
(@をお忘れなく)

Amazon物販のノウハウや
副業のコツなど 稼ぎに直結する
情報をお届けしています!

今登録すると、
稼ぎに直結する秘密の特典
3つをプレゼント!
(儲かる商品リストなど)




PS.2
使うだけで生産性が爆上がりする
鬼束オススメAmazon物販ツール

■プライスター
https://bit.ly/3BtUP10
■セラースプライト
https://bit.ly/3rpiyNw
30%割引コード:CJ9852
■セールモンスター
https://bit.ly/3UfymPN
■セラースケット
https://bit.ly/3RH2To2





【鬼束(おにつか)式Amazon物販】
■発行者:鬼束壮一
■連絡先:  https://bit.ly/3Gb6EMK
■ブログ: https://bit.ly/3wqCy5h
■自己紹介: https://bit.ly/3y37JVB
■LINE:   https://lin.ee/17CCHTR
■Facebook:https://bit.ly/3HQfGiR
■Instagram:https://bit.ly/3KYRjBu
■特電法: https://bit.ly/3f2wfeX

コメント

タイトルとURLをコピーしました