MYUSとハッピー転送はどちらを使うべきか?

Amazon輸入

世界を旅する
Amazonセラーの鬼束です。

欧米輸入で転売をしていると、必ず当たる
疑問が、『転送会社はMYUSとハッピー転送
どちらが良いのか?』問題です。

結論から言えば、これら2つの会社は、
併用できると良いです。

送料や利便性は、ハッピー転送の方が
圧倒的に良いです。
例えば1kg当たりの送料は、
MYUS=700-1000円
ハッピー転送=600〜800円
となります。

また、日本の倉庫では日本人スタッフが
対応してくれて、FBA納品までを
ワンストップで行うことができます。

問い合わせなどが完全に英語、かつ
繋がりにくいチャットサービスのみの
MYUSと比較して、日本人がチャットワーク
で対応してくれるハッピー転送は、大変
使いやすいです。

ですのでメイン使いは、ハッピー転送が
オススメです。それではMYUSは
どのように使うのか?を解説します。

それは、”ハッピー転送の弱点を補う”
ために使います。

ハッピー転送の弱点とは何か?実は
ハッピー転送では、重量の計算式が
2種類あります。実重量と、体積重量です。

体積重量とは、商品の大きさから重量を
計算する手法のことです。実重量と
体積重量が異なる場合は、重い方を
優先して、送料が決まります。

簡単に言えば、大きくて軽い荷物を送る
場合、実重量が500gでも、体積重量で
2kgになれば、2kgの送料が適用される
のです。

ところが、MYUSは体積重量を使用しません。
全ての送料を、実重量のみで計算するのです。

ですから、ハッピー転送の弱点、つまり
軽くて重いものを運ぶ時は、MYUSの方が
送料が安くなります。

ちなみにMYUSは、アメリカで荷受けした
荷物を日本の”どこか”へ運ぶだけです。

しかしハッピー転送は、アメリカから
日本の神奈川県にある自社倉庫に商品を
送り、そこからFBA納品もしてくれます。

ですから、あなたの自宅に荷物が届くこと
はなく、とてもスムーズに納品が進みます。

もちろんMYUSの荷物もハッピー転送の
神奈川の倉庫に送れますから、メイン使いを
ハッピー転送にしておくと良いですね。

ハッピー転送は月額2,000円〜
MYUSは、各プロモーションを使えば
月額は2年間(実質はそれ以上)無料で
使えますので、ぜひ活用してみてくださいね。

本日は以上です。
お読み頂き、ありがとうございました。

私は日々、
Amazon物販のノウハウ
副業ノウハウ
国内海外を周るプライベート
などについて発信しています。

また次回も
あなたと記事でお会いできましたら
嬉しいです。

記事を更新すると同時に
TwitterやFacebook、
LINEも更新しています。
フォロー大歓迎です♪

Twitter      https://bit.ly/3JSTGG8
Facebook https://onl.sc/eufzGNf
LINE          https://lin.ee/17CCHTR

PS.1
★LINE友達を大募集中です。
友達登録はコチラをクリック
https://lin.ee/17CCHTR
もしくは「@197pdosh」でID検索
(@をお忘れなく)

Amazon物販のノウハウや
副業のコツなど 稼ぎに直結する
情報をお届けしています!

今登録すると、
稼ぎに直結する秘密の特典
3つをプレゼント!
(儲かる商品リストなど)

PS.2
使うだけで生産性が爆上がりする
鬼束オススメAmazon物販ツール

■プライスター
https://bit.ly/3BtUP10
■セラースプライト
https://bit.ly/3rpiyNw
30%割引コード:CJ9852
■セールモンスター
https://bit.ly/3UfymPN
■セラースケット
https://bit.ly/3RH2To2

PS.3
現役経営者を多数輩出!
時間もお金も自由になるノウハウが
詰まっている【川島和正さんメルマガ】
はコチラ。毎日1分のメルマガ読了で
圧倒的に周りと差がつきます。
[メルマガ]
https://bit.ly/3CNyoGL
[川島塾オンラインコース]
https://bit.ly/3gmbBL1

【鬼束(おにつか)式Amazon物販】
■発行者:鬼束壮一
■連絡先:    https://bit.ly/3Gb6EMK
■ブログ:      https://bit.ly/3wqCy5h
■自己紹介:   https://bit.ly/3y37JVB
■LINE:    https://lin.ee/17CCHTR
■Facebook:https://bit.ly/3HQfGiR
■Instagram:https://bit.ly/3KYRjBu
■特電法:       https://bit.ly/3f2wfeX

コメント

タイトルとURLをコピーしました