顧客の潜在的なニーズに刺さるキーワードの見つけ方

ノウハウ

本日の記事は、以下の方にオススメです。
1.新規に商品ページ立ち上げを行っている方
2.売りたい商品があるが、イマイチ良いキーワードが見つからず、キーワード探しに悩んでいる

これらの課題が今現在、もしくは未来に生じる可能性がある方には、参考になる記事かと思います!!

新規に商品ページを立ち上げた際などは、コツコツとキーワードを貯めながらキーワードを収集する手法だけを行うと、売れるキーワードが見つかるまでに時間が掛かりすぎる傾向にあります。

特にハネムーンピリオド期間(新規商品ページのSEOが2週間くらい上がりやすくなる)中に適正キーワードを見つけるためには、セラースプライトキーワードマイニング機能がオススメです。(セラスプでは数量限定30%割引クーポン配布中:CJ9852

キーワードマイニング機能のコツ

キーワードマイニング機能を使用した検索のコツは、静的マイニングと動的マイニングを使い分けることです。

静的マイニングは、調べたいキーワード自体を含んだアレンジキーワードを見つけることができます。

動的マイニングビッグデータをフルに生かしたキーワード検索方法です。
調べたいキーワードを抽象化したり細分化し、そのキーワードに関連した商品を探してきます。

そもそもビッグデータとは? ビッグデータの定義から活用例までご紹介 – データのじかん

顧客の潜在的なニーズに刺さるキーワードを見つける

もう少し掘り下げてお話すると、顕在的な顧客ニーズだけでなく、潜在的な顧客ニーズも探し当て、顧客の購買意欲の底に刺さるキーワードを発見できる可能性があるのです。
もっと簡単に言えば、顧客の衝動買いを促すことのできるキーワードを探すことができます。

ついついしてしまう「衝動買い」を防ぐ3つのポイント | ライフハッカー[日本版]

※衝動買い=ここでは購入予定がなかった商品を、購入意欲を湧かせることで購入していただくことを衝動買いと定義しております。

例:マグカップ販売をする場合

例えばマグカップを販売する場合・・

顧客の顕在化したニーズを満たすためには
・マグカップ
・コーヒーカップ

というような具体的にその商品を連想させるキーワードを使用します。
お客様はマグカップが欲しいので、そのままのキーワードで検索し、購入しますね。

潜在的なニーズとは?

そして顧客の潜在的なニーズを満たすためには、その商品に直結するキーワードに対して、抽象度または具体度を変えたキーワードを使用します。

つまり潜在的なニーズとは、
“まだ自分がマグカップが欲しいということに気づいていないお客様に対し、今あなたが抱えている問題を解決するためにはマグカップが最適なんだよ、ということを教えて上げられるキーワード”
を見つけるのです。

この違いをきちんと把握できてた?似てそうで実は全然違う「提案」と「要望」の考え方 - U-NOTE[ユーノート] - 仕事を楽しく、毎日をかっこ良く。  -

例えば以下のキーワードが、顧客の潜在的なニーズを満たすキーワードの一例です。

カップ(抽象度が上がっている)
スノーピークマグ(具体度が上がっている。実際は広義な場合)
シェラカップ(具体度が上がっている)
キャンプ コップ(抽象度が上がっている)

潜在的なニーズを自分で見つけるのは難しい

さて、少し話を戻しますが、
顧客の顕在化したニーズを満たすキーワードを見つけるのは、割と簡単です。
その商品に直結したキーワードを見つけたら良いからです。

しかし顧客の潜在的なニーズを満たすキーワードを見つけるのは、なかなか難しいです。

韓国語が日本人にとって難しいと感じる理由って何? | 日本最大の韓国語教室「K Village 韓国語」

想像力が必要ですし、限られた時間で多くの潜在ニーズを満たすキーワードを見つけるのは、かなりの技術が必要でしょう。

潜在的なニーズ例:携帯用トイレ

ここでもう一つ、潜在的なニーズに関する例えを出してみます。

携帯用トイレ という商品がありますね。
車の中でトイレに行きたくなったが、トイレに行くことができないときなどに使用するアレです。

この携帯用トイレを潜在的に欲しいと思っている顧客のニーズをを引き出すキーワードとしては、例えば
子供 ドライブ
などが該当します。

子供にとって長時間ドライブは苦痛!車内で退屈させないポイントとは | AUTO MESSE WEB  ~カスタム・アウトドア・福祉車両・モータースポーツなどのカーライフ情報が満載~

この時の顧客の思考を細分化すると、キーワードから以下のような流れで商品に行き着きます。

1.子供とドライブに行くから、その関連商品を買おうかな と顧客が考える
2.子供 ドライブ というキーワードで、Amazonで検索する

3.携帯用トイレが検索結果に表示される
4.そうか、確かにドライブ中渋滞にハマったりした時、子供がトイレに行きたくなったら大変だ(潜在的ニーズ)と気づく
5.携帯用トイレを購入

もちろん前提として、潜在的なニーズからの販売にはキーワードだけでなく、商品ページの作り込み(子供とドライブに行く時は携帯用トイレがあった方が良いという商品ページ上での訴求)も必要ですが、本記事ではその点は割愛します。

話を戻しますが、そもそも子供とドライブに行くための必要品としてすぐに携帯用トイレを思い浮かべるのは、ベテランパパや昔子供におもらしをされてしまった経験がある方でないと、なかなか難しいですよね。

このような
思い浮かべるのは難しいけど、思い浮かんだら購入に繋がりやすい商品を顧客が連想するのをサポートする。
それが潜在的ニーズを満たすキーワードです。

潜在的なニーズ例:大掃除

もう一つ例えを出すと、

 大掃除

というキーワードで検索して、とてもニッチな、しかしあると便利なお掃除グッズが検索されたら、それも潜在的ニーズを満たすキーワードとなります。

例えばエアコンの中を洗浄するスプレーなどです。

元々大掃除でエアコンまで掃除をするつもりがなかったけど、”大掃除”という検索キーワードでAmazonを検索した結果その商品を見て、エアコン掃除の必要性を思い出した時点で、潜在的だったニーズが顕在化することとなります。

どうすれば潜在的なニーズを満たすキーワードが見つかるのか?

では、どうすればこのような潜在的ニーズを満たすキーワードが見つかるのかを解説して行きます。

結論から言いますと、冒頭でも軽く触れた、セラースプライトキーワードマイニング機能を使うのが、現状では一番良いです。
※キーワードマイニング機能とは=あるキーワードを入れると、それに関連したキーワードを自動で抽出してくれる機能です。

キーワードマイニングには静的と動的マイニングがあります。
こちらも繰り返しになりますが、
静的は顧客の顕在化されたニーズを表します。
動的は顧客の潜在的なニーズを表すことが多いです。

衝動買いをしてもらいたい商品を取り扱っている方は、ぜひセラースプライトの動的マイニング検索を行ってみてくださいね。
※セラースプライトのキーワードマイニング機能の、具体的な使い方を知りたい方はぜひこちらの記事もご覧ください。

さいごに

セラースプライトキーワードマイニング機能では、具体的な商品名(マグカップ等)を入れるだけで、その商品に関連していて、かつ顧客の潜在的なニーズを満たすキーワードを、AIがビッグデータから自動で抽出し、表示してくれます。

自分では思いつかなかったキーワードが見つかるかもしれません。
ぜひ試してみてくださいね!

セラースプライトでは数量限定で、30%割引クーポンを配布中です。
クーポンコード:CJ9852

コメント

タイトルとURLをコピーしました