【初心者向け】ブログ キーワードはどこに入れたら良いか?

基礎知識

みなさんこんにちは。鬼束です🤗
今日はブログ初心者向けに、
『ブログを書く時、キーワードはどこに入れたら良いか』というテーマで解説をして行きます。

ブログを始めると、
・PVを上げるためにはキーワードが大切
という言葉を良く聞きますよね。

ただ私もそうでしたが、ブログを始めたばかりの方の中には、
『キーワードが大切なのはなんとなく分かったけど、そもそもそのキーワードってブログのどこに書いたら良いの?』
という方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、ぜひこの記事でキーワードの入力箇所について学んで行ってくださいね。

ブログ内で、キーワードを入力する部分はここだ

キーワードをブログの正しい位置に入力することでGoogle検索の順位が上がり、ブログのPV数が伸びます。

重要なキーワードが分かったら、そのキーワードをブログの以下の箇所に入れましょう。

  • 【最重要】タイトルにキーワードを含める
  • メタディスクリプションにキーワードを含める
  • 大見出し(h2)にキーワードや共起語を含める
  • 本文中にキーワードを共起語を入れる

※共起語=メインのキーワードとセットで利用される可能性の高い単語のこと

以下で詳しく解説します!

【最重要】タイトルにキーワードを含める

ココが基本中の基本です。
タイトルにキーワード、入れていますか??

ちなみに本記事のタイトルは【【初心者向け】ブログ キーワードはどこに入れたら良いか?】ですね。
割と、キーワード多めにしているタイトルかと思います。

タイトルに関してはこれだけですが、あえてコツを付け加えると、”34文字”以内でタイトルをつける、ということも意識してみると良いかと思います。

メタディスクリプションにキーワードを含める

メタディスクリプション(ブログの詳細内容を記載する部分。ブログの最下層にあり)でブログの解説を書く際にも、キーワードをしっかりと意識した文章にしましょう。

例えばこのブログのメタディスクリプションは以下の通りです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
初心者がブログを書く際に”キーワードはどこに入力したら良いのか?”という疑問を解決します。タイトルやメタディスクリプション、また本文中に含めるキーワードの種類、書き方について分かりやすく解説しています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

としています。

メタディスクリプションタグには、キーワードを含めつつ、ユーザーがページの内容を理解しやすく、クリック率の向上につながるように記述していく必要があります。

ブログを書く前に、どんなキーワードを散りばめるブログにするか、キーワードを選定しておくことがとても大切なんですね。

大見出し(h2)にキーワードや共起語を含める

※共起語=メインのキーワードとセットで利用される可能性の高い単語のこと

H2見出しのダメな例としては、

・結論
・オススメ入力箇所1
・オススメ入力箇所2

等です。

ではどうしたら良いのか、具体例を交えながら紹介していきます。

〜良い例〜
・結論/ブログのどこにキーワードを含めれば効率的にPV数を伸ばせるのか?
・オススメ入力箇所/まずはここにキーワードを入れよう。Google検索順位を伸ばすために必要な入力箇所
・オススメ入力箇所/メタディスクリプションの入力方法と記載方法


ここまで具体的に書くことでGoogle検索順位が上がり、PV数の伸びにも繋がるんですね

本文中にキーワードを共起語を入れる

本文を書く際には、できるだけ抽象的ではなく、具体的に内容を書いて行けると良いです。
あの、その、といった言葉はあまり使わず、固有名詞を使っていけるように心がけましょう。

また、事実や数字、具体的なエピソードなどを盛り込めると、読者が自身の感じたこととして内容を理解できるようになるので、理解が深まります。

そしてそのような理解が深まりやすいサイト(具体的な情報が多いサイト)というのは、Google検索順位も上がりやすいと言われています。

キーワードを入れる箇所についての理解は深まりましたか?
ぜひすぐにアウトプットして、あなたのブログのPV数アップに繋げて行ってくださいね。

本日のブログは以上です。
引き続き手洗いうがいを心がけて、コロナ時代を乗り越えて行きましょう。
ここまでお読み頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました