【Amazon】広告費をカードで支払う方法 自動でAcosを下げる仕組み作り

ノウハウ

Amazon販売をする際に広告を掛けている方も多いかと思いますが、その広告費のお支払いはカード支払いにしていらっしゃいますか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、実はデフォルトでの広告費支払いは、売上から差し引かれるようになっています。
この設定のままだと、気が付かない内に損をしてしまっているかもしれません・・。
この記事を読んでピンと来た方は、一度広告費の支払いをカード払いに切り替えてみても良いかもしれません😊

なぜ広告費が売上から差し引かれるともったいないのか?理由

広告費が売上から差し引かれるともったいない理由は、以下の3つです。

1.キャッシュフローが悪くなる
使った広告費の支払いが売上から差し引かれるのであれば、それはすなわち広告費を即時払いしていることと同義です。
すぐにキャッシュが手元から出ていきますので、必然的にキャッシュフローは悪くなります。
それでなくてもAmazonは引当金があり、売上がすぐに入金されません。
売上の入金は延ばされる、でも広告費は即時払い。。。
こんなことをしていたら、最悪黒字倒産だってありえてしまいます。

2.Acosを下げられる
みなさまは広告費、何%使っていますか?
仮に10%使っていたとしたら、広告費の支払いにカードを使用するだけで9%にできます。
カードを使用すると、ポイントが付くためです。
もちろんどれくらいAcosが下がるかは、カードのポイント還元率に左右されます。
そのため、できるだけ還元率の高いカードを使って広告の支払いをするのがオススメです。

3.広告費に対して、よりシビアな感覚が身につく
毎月カード支払いをすることで、『広告費を支払っている』という感覚がよりシビアに身につきます。
これは私だけかもしれませんが、広告費が売上から差し引かれるだけだと、なんか払っている感覚が無く。。。
それをカード支払いに変えてからは、支払い感覚を強く感じるようになり、よりシビアに広告に向き合えるようになりました。

設定方法 Amazonで広告費をカード支払いに変更するには?

広告費をカード払いにすることのメリットをご説明させて頂きましたので、設定方法についてもご紹介させて頂きます。設定方法はとても簡単で、3分ほどでできると思います。

1.セラーセントラル 右上の設定→出品用アカウント情報

2.支払い情報→広告費の支払い設定

3.支払い方法を選択する→クレジットカードを選択

設定は以上です。
意外と簡単に設定が完了できることをお分かり頂けたのではないでしょうか?

ご興味のある方は、ぜひ試してみて頂けましたら嬉しいです。
3分でできる、ずっとAcosを1%くらい下げ続けられる方法のご紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました