売れやすいキーワードを見つける方法(セラースプライト編)

ノウハウ

EC販売をしていく上で、商品ページにその商品が売れやすいようなキーワードを設定することは、とても大切ですよね。

どんなキーワードだと売れやすい?
キーワードってどうやって探したら良いの?

そんなキーワード選定の疑問をたくさん頂きましたので、しっかりと回答させて頂きます!
今日の記事を読んで頂ければ、新規で商品ページを作成する際にキーワード選定で悩むことがかなり減ると思います。

特に3番目の探し方は、できる人ほどやっていますが、初心者に近い方はなかなかできていない方も多いのではないでしょうか?ぜひ騙されたと思ってトライしてみてくださいね!

それでは以下、3つのパターンに分けて解説をさせて頂きます。

類似の売れている商品がある場合

1つ目のパターンは、自分が売ろうとしている商品に似た商品が既にあって、しかもその商品が売れているケースです。このパターンは、最もキーワード収集の難易度が低いと言っても過言ではありません。

類似の売れている商品がある場合は、まずその商品がどんなキーワードで売れているかをリサーチしてみましょう。

特定の商品に対して販売に繋がりやすいキーワードを引っこ抜くには、セラースプライトの逆引きリサーチを使います。

詳しくはこちらの記事をご覧ください▼
売れてる”アノ商品”の検索キーワードをごっそり抜く方法

上記記事では、セラースプライトというツールの”逆引きリサーチ”という機能を使用して、売れやすいキーワードを調べる方法を紹介しています。
この機能はかなり多用しますので、ぜひ覚えておかれるとよいかと思います。
(セラースプライトで使える数量限定30%オフクーポンコード:CJ9852

キーワードの調べ方一つ目は、セラースプライトの逆引きリサーチの解説でした。
それでは早速2番目の調べ方を解説して行きます。

ビッグキーワードがある商品の場合

2つ目のキーワードの探し方は、売りたい商品に対してビッグキーワードがある場合です。

ビッグキーワードとは・・

明らかにキーワードがありますが、そのキーワードが広義すぎたり、入札単価が高すぎる場合は、そのキーワードに他のキーワードを組み合わせてキーワードを作りましょう。

このパターンでは、セラースプライトキーワードマイニング機能を使用します。

キーワードマイニングでは、指定したキーワードに紐づいたキーワードを見つけることができます。

さらにそのキーワードの検索数転換率入札単価なども調べられますので、キーワード戦略を立てる上では欠かせない機能ですね。

★キーワードマイニング 使い方説明

それでは例を用いながら実際にキーワードマイニングでビッグキーワードから他のキーワードを探してみましょう。
今回は”アウトドア”というキーワードを使ってキーワードを調べてみたいと思います。

まずはセラースプライトを開いて、キーワードマイニングをクリック

静的マイニングを選択し(静的とは?は後ほど解説致します)、キーワードを入力して”リサーチ”をクリックします。

すると以下のように、ずらっとキーワードが並びます。
基本的には、アウトドアというキーワード+何かのキーワードが並ぶイメージです。
この中から使えそうなキーワードを選定して行くことになります。

念の為、この画面の見方だけ解説させて頂きます。
以下の4点をおさえていればOKです。

キーワード
②月間の検索数 そのキーワードがどれくらい検索されているかが見られます。
③商品数 そのキーワードで検索されうる商品の数です。少ないにこしたことはないですね。
広告の入札単価です。もしも広告用のキーワードを探している場合は、ここもしっかりとチェックしておくと良いですね。個人的には、ここが40円以上になっているとテンションが下がります笑

先程も軽く触れたように、キーワードマイニングには静的動的があります。

上記で紹介したのは静的マイニングですが、併せて動的マイニングも調べてみると良いです。

静的マイニングと動的マイニングの違い

静的と動的の違いですが、

静的=指定したキーワードプラス他のキーワード(例 アウトドアで検索したら、アウトドア テント 等)

動的=(例 アウトドアで検索したら、川 等)

というようになります。例えばこんな感じです。

静的よりも動的の方が、より広範囲のキーワードを拾ってきてくれます。
キーワードマイニングの解説は以上です。

類似で売れている商品が無く、またビッグキーワードもない場合

それでは最後に、

類似で売れている商品から取れるキーワードが無く
ビッグキーワードも無い

という場合はどうしたら良いのか、解説していきたいと思います。
なお今日の記事は、この解説をしたくて書いたと言っても過言ではありません。

これから解説するこの調べ方は、セラースプライトの運営は推奨していますが、意外とやっている方は少ないのでは?と個人的には思っています。

少しコツはいりますが、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

類似商品もビッグキーワードも無い場合は、セラースプライトキーワードリサーチ機能を使ってリサーチをします。

キーワードリサーチとは言葉通り、なんとキーワード自体をリサーチできてしまうという驚きの機能です。

少し例を出しながら説明していきましょう。
例えばあなたが売りたい商品が、2,000円くらいのお皿だとします。

このお皿の商品ページを作成していますが、商品タイトルや説明文、検索キーワードに、どんなキーワードを入れたら良いか分からない状態です。

しかもお皿と言っても普通の平べったいお皿ではなくて、フランス料理で使うようなお洒落な形をしているお皿とします。こんな感じの・・

こんな時、思いつくキーワードが少なくなってしまいます。
フランス料理 お皿 パスタ などは思いつきますが、その他どんなキーワードを取りに行けば良いのか。

こんな時に、セラースプライトのキーワードリサーチ機能を使います。
まずはキーワードから、キーワードリサーチを開きます。

そして以下の画像の通り、項目を選択して行きます。

①日本を選択
②ここは色々と選んでみてください。おオススメはトレンド市場です。
③カテゴリを選択(重要)
④あとは細かな希望条件を入れます。私はいつも、自分の商品と同一価格帯の数値を入れます。

そうすると、出品したいカテゴリにおいてどんなキーワードが多く検索されているのかが調べられるのです。控えめに言ってすごくないですか?
もしも”すごさが分からん”という方がいらっしゃいましたら、ぜひ騙されたと思って一度試してみてほしいです。キーワードが見つかりすぎてあご外れます。

いかがでしたでしょうか?
キーワードが見つからない方は、ぜひセラースプライトの各機能を活用してみてくださいね。
30%オフクーポンコード:CJ9852

コメント

タイトルとURLをコピーしました