Amazon Keepa登録のコツ【2021年1月21日現在】【保存版】

ノウハウ

Amazon.com Keepa転売中級者向け
Keepaのロジックをメンテンナンスしたいと思った時に読む記事です。

<用語の説明>
A=【日本】  Amazon.co.jpの価格
B=【アメリカ】Amazon.comの価格
C= Keepa設定価格

<基本>※重要

・月に1〜2個売れている商品にC設定する場合

 【利益が取れる価格でC設定する】(=あまり通知が来ない)

▼図1


 Aが安定している場合→”A”の5から6掛けの数字でC設定
 (2万円なら100から120ドルくらいで設定)

 Aが上下に変動大きい場合→過去12ヶ月遡り、”下限”の5から6がけの数字でC設定
 (売れない&価格変動が大きい商品は少ない)

 なおAの12ヶ月平均値を取って、平均値と下限値に乖離が大きい場合は、平均値で設定することもあり。
 (平均が130ドル、下限が50ドル、でも滅多に下限にはならない、みたいな場合は、下限は無視してもOK)

※▼図1のKeepa参照ください。
3ヶ月の平均値は3,600円くらいですが、一度2,800円くらいまで下がっています。
この場合の2,800円は、私なら無視します。
12ヶ月で見ても平均値は3,600円くらいでした。

・月に10個程度売れている商品

 【Bの価格変動があったらすぐに通知が来るC設定】(=たくさん通知来る)
 

 Aが安定している場合”A”の6から7掛けの数字でC設定
 (2万円なら120から140ドルくらいで設定)

 Aが上下に変動大きい場合”Aの直近下限”の6から7掛けの数字でC設定
 なお直近下限が極端な場合は、平均値でもOK

・月に20個〜 とにかく売れている商品

今のB価格の1ドル下でOKです。多分Aも変動しているので、予測するより、とにかく通知が来る設定にしましょう。

ただし今のB価格が平均値より大幅に低い場合は、平均値の1ドル下、または利益が取れる数値の1ドル上でもOKです。
今が極端な下限値の場合、今後通知が来なくなるリスクがあるためです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<応用>

▼パターン1<その1★>A-Bで現状利益が取れない場合(A=2万円の商品に対して、B=170ドルなど)

過去3ヶ月から12ヶ月遡って、AやBの価格を確認しましょう。

・Aの価格が安定している場合(このケースが多いと思います。)
 Bの直近3ヶ月、またはBが季節商品等の場合は、
 過去12ヶ月の中で、利益が取れる安値の1ドル上でC設定します。

 ただし直近安値で利益が取れない場合
(A=2万円に対してBの直近安値が150ドルなど)は<基本>に沿った値付けをします。

(基本に沿うとは→)A=2万円、Bの直近安値が150ドルの場合は、Aが売れてないなら100から120ドルくらい、Aが売れているなら120から140ドルくらいでC設定

<その2>
・Aの価格が不安定、かつBも変動が見られる場合

 Aの過去3ヶ月(売れてない商品は12ヶ月)の安値、平均値を出します。安値が平均値と極端に乖離していなければ、直近安値に対して、<その1★>の内容を実施します。

<その3>
・Aの価格が不安定、Bの価格は安定(ほぼ変動無し)の場合
※このケースは仕入難易度高いです。
 Aの過去3ヶ月(売れてない商品は12ヶ月)の安値、平均値を出します。
安値が平均値と極端に乖離していなければ、その安値で利益が取れるよう、<基本>の内容に沿ってC設定します。

 もちろん、このような商品もしっかりと登録しましょう。
割合として、登録した商品の1〜2%くらいが、Aの高騰やBの下落で利益が出せる商品に変身します。価格は常に変動していることを信じて設定すると良いです。

▼パターン2【デフォルトで利益が取れる激アツパターン】

このパターンは、あまり無いです笑
リサーチしていて、100件に1件あるかどうか・・という感じです。
ただしセラーリサーチなど、精度高いリサーチをしていれば、出会う確率はもう少し上がります。

B=Aの約半分(2万円の商品に対して100ドルなど)

過去1年間価格を遡ってみましょう。

・価格変動が少ない
→Bの1ドル上でC設定(今100ドルなら101ドルに設定)

・Bの価格変動が大きい、Aは安定している→今の価格、または直近安値価格の1ドル上でC設定

・Aの価格が今だけ高い(このケース多いので注意)、Bは安定している
 →Aの、3ヶ月から12ヶ月以内の安値に対してC設定(設定価格は<基本>参照)
 ※このケースは値崩れリスクが大きいので、その場でたくさん買わないよう注意
  Aの価格が今高い理由を言語化できないなら、購入を見送る、または少量のみ購入するに留める

▼パターン3【Aの平均価格が安い(1,500円とか)パターン】

C設定を、より安い価格にします。

送料負けするため、Bも割安にならないといけません。
Cの設定価格はAの5割か、ものによっては4割くらいで設定することもあり
(1,200円の商品なら、4〜6ドルくらいで設定します。例え7ドルで通知が来ても、原価1,000円超えるので買えないため)

▼パターン4【Aの価格が高い(10万円以上)パターン】

初心者の内はスルーしましょう。
1発のミスで大きなダメージを負う危険があります。
私も過去に10万円クラスの商品をいくつか仕入れた後、返品の嵐になりかけたことがあります。
Amazon.comとAmazon.co.jpで、ASINは同じだが型番が微妙に違った、という状況でした。
その時は事なきを得ましたが、価格が高い商品はそれだけリスクがあります。

ただし、あまりにも利益が取れそうな商品などがあったら、一度仕入れ相談をするのも良いと思います。

▼パターン5A=B(2万円の商品で、200ドルとか)過去1年遡っても大きな価格変動無し。

単純転売ではなく、メーカーや卸商品の可能性高い。
→メーカーや卸と取引する。メーカー・卸へアプローチしてみましょう。
もしくはメーカーや卸アプローチリストを作り、そこに入れておきましょう。

将来メーカーアプローチをする際の財産となるはずです。

以上です。
なかなかややこしい内容だったかと思いますが、C価格設定判断に悩んだ時の参考になれば幸いです。

なお価格変動が大きい商品を仕入れた場合は、プライスターで価格管理をするのがオススメです。

使わないと損してる】せどりの最強ツール!プライスター完全解説!|うしじまくん🌈セット本せどり×Twitterマネタイズ|note

コメント

タイトルとURLをコピーしました